住宅型有料老人ホームとは

住宅型有料老人ホームとは、有料老人ホームの一つの分類になります。健康なときから入居でき、介護が必要になったときにも継続入居できるところもあれば、介護型の住宅型有料老人ホームもあります。
この形は比較的新しい形で、入居希望者も多いと言われています。

自立から軽度向けの所では、対象者は自立した生活が出来る高齢者や虚弱者となっており、対象年齢はホームによって異なります。ということは、厳しい制限や審査基準はありません。
運営は民間企業が行い、介護サービスは外部から取り入れる形になります。
介護サービスを受ける場合、住宅型有料老人ホームが提携している介護施設から取り入れることも可能で、家族が利用していて馴染みの介護スタッフがいればそこから取り入れることも可能です。
つまり、介護に関しては選択肢があると言うことです。
住宅型有料老人ホームでは、近くの介護施設と提携していることが多いので、健康なうちに入居しても安心感はあります。
老後に不安がある、周辺に頼れる人がいない、お子様方も皆遠くにいるという方なら、新しい住居を探すように選ぶことが出来ますし、考え方としては老後の新居となり得るものです。
初期費用や月々に費用に関しては、普通の生活をしていたときのものにサービスを受けるための費用が加算されるという形になります。食事も給食を取るか、自分で作るか、たまに外食をするというぐあいで、選択肢があります。

住宅型有料老人ホームの中でも一番多いのは、介護型の施設です。
このタイプでは、施設内に居宅介護支援事業所や訪問介護事業所、訪問看護事業所、デイサービスなどを併設させていますので、すぐにケアが出来る体制を整えています。
中には、小規模多機能型居宅介護やグループホーム、介護付有料老人ホームなど本格的な事業所を併設している所もあります。
こうした所では、病気などで入院する必要がない状態であれば、看取りまでしっかりと看ている所もありますので、安心感が強いと言えます。
中には、胃がんや嚥下に問題が出てしまった方で、IVH(中心静脈栄養)や鼻腔栄養、胃ろうの方でも対応出来る老人ホームもあります

住宅型有料老人ホームが増えた要因ですが、これは行政が介護付有料老人ホームの数を抑えたいという意図があり、そのため運営事業者は認可が取りやすい住宅型として運営を開始しているという経緯があります。
同じ介護保険を使う制度なのに、何故総 量規制をするのか真意は分かりませんが、今後もこの傾向は続くでしょう。