住宅型有料ホームと健康型有料老人ホーム

老人ホーム種類はたくさんありますが、機能的なものがどこまで設備されているか、介護が付いているか、医療が付いているか、そして費用。
見るポイントはだいたい決まっています。
住宅型有料老人ホームは、その種類の中でも健康な状態に近い人が利用する方が良い施設かもしれません。


住宅型有料老人ホームは基本的には食事の提供はありますが、介護全般はしてくれません。
基本的な機能的なことでは健康型有料老人ホームとさほど変わりません。
違う部分は、外部の訪問介護サービスを受けながら終身まで利用できるということです。
健康型有料老人サービスの場合、介護の必要が出た時点で契約解除ということが考えられます。


住宅型有料老人ホームはそのような心配はありません。
施設によっては近隣の訪問介護サービスの業者と委託契約をしていることがありますし、それがなくても外部の訪問介護サービスやデイケアサービスなどと併用して利用することができます。


ただ、介護利用料が多くかかる場合は、介護付有料老人ホームに移ったほうが費用が抑えられる可能性もあります。ですが、今のところ介護の必要もなさそうだし、必要になったら呼ぶことも出来るし、なんてお考えの方には利点が多いものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*