住宅型有料老人ホームについて

住宅型有料老人ホームは、字のごとく住宅です。
特別養護老人ホームなどのように施設ではなく住宅なので、住所はその建物になります。
では、そこに入居するメリットです。
それは、管理者がいることです。
マンションというよりは、寮のような方が感覚的には近いのかもしれません。

入居している人の中には、介護などが必要な人もいます。
その人達へのケアを行なったり、デイサービスなどが併設されているような所もあります。
もちろん住宅なので、その建物を管理している以外の介護サービスを受けることも出来ます。
ただ、普通のマンションよりは割高な設定ではあります。

しかし、本人や身内からすると誰かの目があるというのは安心です。
施設ではないので、何も必要がなければ部屋には誰も来ません。
しかし、マンションに1人でいるということよりは安心感はあります。
だからこそ人気があります。
少しだけ介護が必要な認定を受けている方を中心に、順番待ちをしているようなところもあるようです。

住宅型有料老人ホームは高齢化社会となり、多角的に変化してきた介護業界の形態のひとつだと言えると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*