住宅型有料老人ホームのポイント

住宅型有料老人ホームは、介護のサービスが別になるタイプの老人ホームになります。
要するに比較的に自立して生活をすることができる人、そんな高齢者対象の住宅ということになります。
介護付ということになりますと介護がつくわけですが、単純に住宅型、となりますと介護についてはそのホーム自体ではやっていない、ということになります。
地域の通所介護とか訪問介護のサービスを利用してその点は補う、ということが多いです。
介護度が高い場合にはそもそも断られることがありますし、あまりお勧めできるところではないです。
但し、要介護の低い場合とか可能な限り、自分のことは自分でやりたいと考えている人には住宅型が比較的適しているといえることでしょう。
生活支援サービスがなによりのポイントになるわけですが、その程度のことまで出来るのか、というのはその施設によって違うことになるでしょう。
その点が選ぶ時には比較するべきポイントになることは確かでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*