住宅型有料老人ホームの注意点

住宅型有料老人ホームは、入居者同士の交流の場が多くなるので、楽しく生活を送れます。
月々の料金設定も安いので、経済的にも良いのではないでしょうか。
しかし注意したい点もあるので、しっかり把握してから入居した方がいいです。ここでは、どのような点に注意すればいいのか紹介していきます。

■生活パターンが制限される
住宅型有料老人ホームは、食事の時間が決められています。そのため、食事の時間には、施設内にいなければいけないのです。施設に入居しても外出する高齢者も多いでしょう。住宅型有料老人ホームに入居すると、食事の時間を気にしながら外出しなければいけなくなります。施設のルールを確認してから入居するようにしましょう。

■費用が高くなることもある
住宅型有料老人ホームの基本サービスに介護がないので、月々の料金設定が安くなっています。しかし、介護が必要になると外部のサービスを利用しなければいけません。サービスの利用が多くなると、出費も大きくなってしまいます。介護度が、どのぐらいなのかを見極めてから、入居するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*