住宅型有料老人ホームはどこをみるべきか

住宅型有料老人ホームの特徴として多いのは、共有スペースがたくさんあるということになります。
ですから、他の入居者様と密接に関わる機会が多いです。
同じ建物内に暮らす入居者がどんな人たちが多いのか、あるいは生活をサポートしてくれるというサービスが少なからず住宅型有料老人ホームにはあるわけですが、そのスタッフのレベルなども確認しておきましょう。
当然、パンフレットなどで見ることはできますが、下見はまず必須となります。
見学した時にはそういうところを見るというのが、失敗しないコツになります。
廊下とか食事をする食堂、レストランなどの共有部分などに関しても、環境や設備、間取りの広さや段差がどのくらいあるのか、風通しなどを見ることにしましょう。
どんなサービスが具体的に提供されているのかということが、とても重要なことになります。
あくまで健康型になりますから、どうしても重度の介護が必要になりますと出て行く必要性が出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*