住宅型有料老人ホームは最初の見極めが大切

自分の親とか、親しい人が年を取り、それなりに体の不具合が目立ってきて、自分ひとり、あるいはご夫婦二人だけでは自立自走していくのが厳しいというような状況になったときに、周囲の人、あるいは当の本人が老人ホームのことを検討し始めるものです。それまでに、家族が同居したり、行政に依頼してケアマネ経由でヘルパーさんを依頼したりという手当をすることで、老人ホームに入所するのと同等のことを実施することは可能ですが、家族の人、周辺の人たちの手間暇はそれなりのものになります。

いわゆる「いつも、見守っている人がいるから安心」ということは、それらの人たちの最大の望みであり、それを実現するのがいわゆる老健施設ということになります。
老健施設には、いろんな種類があります。どれが今の対象の高齢者に適しているのか迷うところですが、比較的健康に支障がなく自立自走できている高齢者の場合、住宅型有料老人ホームが適していると思われます。

住宅型有料老人ホームには、食事、洗濯、清掃等の生活支援サービスが付いています。ざっくりいうと日常生活に必要なことは代行してくれるスタッフがいるホテルのようなものです。ただ、それは健常人に対しての話であり、体調が崩れると少し様子が変わってきます。つまり、医者は自分で呼ぶことが求められます。つまり、ホームのスタッフが介護サービスを提供することはなく、入居者が要介護となった場合は、別途段取りをして訪問介護などの在宅サービス事業所と契約し、施設とは別の契約でそこの介護サービスを受けるということが起きます。

ただ、訪問介護事業所やデイサービス、居宅介護支援事業所などが併設されているところもあるので、最初にそこはきちんと見極めることが大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*