高齢者住宅として特徴的なこと

介護を自分で選ぶことができる住宅型有料老人ホームというのがあります。
介護付有料老人ホームに対して、住宅型有料老人ホームと呼ばれるものがあり、ホームは直接的に介護サービスを行わないということになります。
介護サービスを必要とする人が入居するわけですが、その人たちは外部の訪問介護サービスあるいは通所型介護サービスなどを利用するということになります
外部の介護サービスということにはなりますが、実際にはホーム内に訪問介護の事業所があったり、近くに通所型介護事業所などがあるというケースが多いです。
介護型有料老人ホームとの違いとしては、どのような介護を利用するかについて入居者がある程度かなり自分で自由意志で選べるということです。
自立度の高い人が入るタイプの有料老人ホームと言われているのは、それが理由でもあります。
自分で自分が使う介助、介護のサービスを決められるのが魅力の一つであるといえるでしょう。
あくまで自立がそれなりに出来ている人が限定になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*